ロリ系童顔人妻と出会い系アプリを使ってエッチ

ロリ系童顔人妻と出会い系アプリを使ってエッチ

私は大きな声では言えませんが、いわゆるロリコンと言う性癖の持ち主であり、常々年下のかわいい子とセックスがしたいと思っていました。

残念ながら妻は私と同い年であり、見た目もおばさんと言う感じなので、私の性癖を満足させてくれません。

そこでロリコン性癖の私を満足させてくれる、かわいい女の子とセックスをするために、出会いサイトを使いだしたのです。

しかしサイトには多くの女性がいましたが、私の好みに合う女性は中々見つかりませんでした。

それでも私は諦めず、違う出会いサイトを見ていたら、学生みたいな顔をしている女性を発見したのです。

その子の顔を見て私のロリコン性癖が疼き、直ぐに人妻に連絡をしたのです。

人妻は顔が学生みたいなだけでなく、身長も150センチ程度しかなく、胸もほとんどありませんでした。

どこからどう見ても成人女性とは思えなかったので、一応年齢を聞いてみたのです。

そしたら20代だと言う事が分かったので、安心しました。

ならば大丈夫と思い、私は人妻を口説き始めたのです。

口説きが成功し、私は人妻とラブホテルでセックスをする事になりました。

人妻は裸になってもやはり胸がなく、アソコの毛も申し訳程度しかなく、やはり小学生にしか見えませんでした。

しかしロリコン性癖の私にとって、人妻はまたとない逸材だったので、美味しくいただく事にしたのです。

胸は揉むと言うよりつまむと言う感じで、感触を楽しみました。

人妻は幼児体型なだけにアソコも小さく、私の大きく成長した肉棒を入れるのが大変でした。

ですがそれだけに、私の肉棒をしっかりと咥え込んでくれ、これまで味わったことがない様な快感を味わえたのです。

人妻の様な逸材はそうそう見つかるものではありませんから、私は人妻に頼み込んでセフレになってもらいました。

幼児体型のセフレを手に入れた私は、ロリコン性癖を十分満足させる事が出来るようになり、小さな女の子を見てもムラムラしなくなりました。

その点でセフレが出来て本当に良かったと思っています。
「30代:男性:会社員」

出会い系アプリを使ってセフレを作り家で不倫男性とセックスしてる主婦です。

出会い系アプリを使ってセフレを作り家で不倫男性とセックスしてる主婦です。
私の夫は休日になって外出をすると、鉄砲玉のように帰って来ません。

それで私は安心して、その間に出会い系アプリを使う事が出来たのです。

休日になるとたくさんの男性が出会い系アプリで出会いを待っていて、色々なタイプの男性を選び放題なのです。

私は出会い系アプリを使って様々な男性と会っていたのですが、その内特定の男性とだけ会うようになりました。

彼は私の好きな男性のタイプにぴったりと合い、彼と一緒にいる事が楽しくて仕方なくなってしまったのです。

最初はただ会って話をしたり食事をしたりする程度の間柄でしたが、その内いわゆる男と女の関係に発展しました。

休日になると彼と二人でラブホテルに入り、快楽に浸るようになったのです。

そんなある時私は、良い事を思いつきました。

どうせ休日には夫は家に居ないのだから、家で彼と会えば良いんだなと思ったのです。

それからは彼を家に呼んで、家で彼と愛し合うようになりました。

彼とバスルームに入り、体を洗いっこしながら一回戦をして、それからベッドの上でもう一回戦するようになりました。

休日ごとに彼と損なセックスを繰り返し、私は幸せの絶頂の中にいたのです。

しかし彼とセフレ関係となってそんな事をしていたら、とんでもないことが起こってしまったのです。

休日の昼間帰って来ないはずの夫が、いきなり帰って来てしまいました。

その時まずい事にセフレといたしている最中で、夫に見つかって言い逃れできませんでした。

そんな光景を見せつけられた夫は当然激怒して、セフレである彼と私を家から追い出したのです。

しばらくして夫の怒りが収まって私は家に入れてもらいましたが、それ以来夫は休日に外出しなくなりました。

それで夫の監視も厳しくなり、セフレとは自然消滅的に終わりを遂げたのです。
「30代:女性:主婦」

出会い系アプリでやれる女は熟女!しかもエロい熟女が好き!

出会い系アプリでやれる女は熟女!しかもエロい熟女が好き!

風俗で30代の女性に童貞を奪われて以来、年上好みとなってしまった私はとうとう熟女というカテゴリーにハマるようになってしまいました。

そのおかげで若い女性と交際しても、いまいち興奮しなくなったのです。

この物足りなさを補うためには出会い系アプリで熟女と出会うしかないと思った私は数年間に利用したことのある出会い系アプリを再び始めることになったのです。

以前と若干の違いはあったものの、ポイントを購入して40代の女性とターゲットにメッセージを送り続けていきました。

熟女の女性も私みたいな若い男性を求めているのか、直ぐに返事を返してくれる女性が多くて嬉しかったです。

皆さんが共通している心配は自分がオバサンだということでした。

肉体的に衰えていることを非常に気にしていたのですが、私はその衰えこそが魅力ですということを熱心に伝えると1人の熟女が積極的にアプローチしてきたのです。

女性の年齢は47歳でご主人とは10年以上もエッチしておらず、男性の体に飢えているということでした。

ここまで積極的に来られると私も男らしく受け入れエッチのみの関係を約束して合うことにしたのです。

車は相手が用意してくれるということで私は指定された場所で待ち、到着した車に拾われてそのままラブホテルへと入っていきました。

熟女の見た目は自分でも言っていたとおり、老けてはいたものの、肉体は全然衰えを感じることなく、アソコの色も鮮やかな色をしていました。

クンニも全く嫌な気持ちがないまま舐めることができて、私も最高に気持ちよかったです。

別の熟女をサイトで探す予定もあったのですが、しばらくはこの熟女の体で遊びたいと思っています。
20代・男性・会社員